この度、ホビーメイトオカさんから103系キットが入荷いたしました。
103系は、各首都圏エリアの輸送近代化の為、1963年から1984年頃までの長期間製造された国鉄を代表する通勤型車両です。そのため各製造時期により様々なバリエーションがあります。今回ご紹介するキットは、低運転台の非冷房落成車、側面は原形窓で、模型として手軽に楽しめる基本編成の3両車体組キットです。

ホビーメイトオカ製の103系キットシリーズの歴史は古くからあり、当初はモリヤスタジオ製品として非冷房と西日本タイプの分散クーラー車キットが発売され、その後はホビーメイトオカブランドで多くのタイプキットが発売されました。また環状線同好会からは車輌更新改善N編成などのキットが販売されていました。

今回入荷したキットはクモハ103・モハ102・クハ103-500の3両セットのものです。
それぞれの中身の見本はこのような内容になります。

クモハ103
モハ102
クハ103-500

プレス抜きで製作された前面は、運転室窓枠は別パーツになっております。また乗務員扉は手スリと沓摺りを再現できるよう別部品化されております。

前面運転室窓、行先方向幕等のHゴムはプレスにて表現されており、立体的な造形になっております。

客扉パーツのHゴムも同様、プレスにて再現されており縁まわりが立体的な表現になっております。

屋根上のベンチレーターは一体構造ではなく、2ピース構造になっており、組み合わせることによりメリハリのついた形状になります。

パンタグラフ周辺部品は、パンタ鍵外し装置パーツも付属しております。

屋根上と妻面の配管・ステップ等の取付箇所は穴あけ加工済みになっており、また抜き加工された床下スイッチ用取付穴がある床板になっております。

関東エリアでは、クモハ103が組み込まれている編成は少ないですが、原型非冷房車では京浜東北線の7連+3連(クモハ103+モハ103+クハ103-500)の編成としても使用できます。(一部加工が必要になります)

今後発売予定になります、中間車(モハ103+102ユニット)を追加して長編成を再現するのも可能です。
また、冷房改造車や高運転台車両などのさまざまなバリエーションも発売予定となっております。

店頭にて展示販売しております、是非この機会に国鉄を代表する通勤型電車キットをお買い求めください。
また、通信販売も承っておりますので是非ご利用ください。

国鉄103系 低運 原形 非冷房 3両車体組キット 新入荷
クモハ103+モハ102+クハ103-500
初期型非冷房車・側面方向幕無
販売価格 76,450円(税込)
(本体価格 69,500円) 在庫有り