キハ58形は国鉄急行形気動車のキハ56形・キハ57形を改良して、1961年から本州・四国・九州地方の輸送を目的として製造されました。キハ58形はDMH17H機関(180PS)を床下に2基搭載した車両で1967年頃から順次冷房改造車が登場しました。

 今回はキハ58形(平窓タイプ)の非冷房車・冷房改造車・長編成対応タイプ・8個ベンチレーターを搭載した国鉄時代の仕様を製作いたしました。U-TRAINSの気動車で定評のある床下梁表現とエンジン部の作り込みをキハ58形にも採用。動力はシチズンマイクロ製モーターとカツミ製ACEギヤをエンジン部に搭載しております。

ご予約受付開始

キハ58形 完成品製作アイテム

キハ58形 A-1

キハ58形0番台 非冷房車 (11~312)

 キハ58形は1961年から860両製作されました。モデルは1962年から製作された11~312の非冷房車を製品化いたします。当社製品のキハ55形との併結運転をお楽しみください。

A-type暖地/寒地前面ジャンパホース有内バメ式尾灯
B-type暖地/寒地前面ジャンパ閉
(ホース無)
内バメ式尾灯

※ 寒地タイプはシャッター式タイフォン・スノープラウ・ディフロスターが標準取付済です。

キハ58形 A-1c

キハ58形0番台 冷房改造車 (11~312)

 キハ58形冷房車は1967年頃から四国・山陰地方の車両から順次冷房改造されました。キハ58形非冷房車と冷房改造車が混結されて活躍した時代をお楽しみください。

A-type暖地/寒地前面ジャンパホース有内バメ式尾灯
B-type暖地/寒地前面ジャンパ閉
(ホース無)
内バメ式尾灯

※ 寒地タイプはシャッター式タイフォン・スノープラウ・ディフロスターが標準取付済です。

キハ58形 B-1

キハ58形長編成タイプ 冷房改造車 (401~521)

 急行列車の長編成化が進み、連結両数が多くなった関係で各車両の制御電圧低下が問題になり、1963年から長編成対応車として登場しました。仕様変更は電気ジャンパ線の増設と客扉下部に丸窓がも設けられ、前面のタイフォンはすべて開閉式に統一されました。

A-type暖地/寒地前面ジャンパホース有外バメ式尾灯
B-type暖地/寒地前面ジャンパ閉
(ホース無)
外バメ式尾灯

※ 寒地タイプはスノープラウ・ディフロスターが標準取付済です。
※ タイフォンは暖地タイプ/寒地タイプ共にシャッター式になります。

キハ58形 C-1

キハ58形8個ベンチレータータイプ 冷房改造車 (655~793)

 1965年からデッキ部の出入口の換気を行う為に、屋根上に2個の通風器を増設。車体は長編成対応車に準じ、522以降は乗務員窓の水切りが窓の下まで延長されているのが特徴です。

A-type暖地/寒地前面ジャンパホース有外バメ式尾灯
B-type暖地/寒地前面ジャンパ閉
(ホース無)
外バメ式尾灯

※ 寒地タイプはスノープラウ・ディフロスターが標準取付済です。
※ タイフォンは暖地タイプ/寒地タイプ共にシャッター式になります。

ご予約終了

ご予約の際は形式・型番・A/Bタイプ・暖地/寒冷地・数量を知らせください。
【例】「キハ58形・A-1c・Aタイプ・暖地・数量1」

キハ28形 完成品製作アイテム

 キハ28形は床下にDMH17H型ディーゼル機関を1台搭載した2等車です。車体はキハ57形(1-36)に準じ、床下機器の配列は北海道用キハ27形(1-56)と同様です。

 冷房改造後は屋根にAU13を7基、床下の水タンク横には自車を含めて3両まで冷房用電源を供給する4VK機関とDM83冷房用発電装置を搭載し、未装備車と区別するために元番号に+2000番台として、長編成時のキハ58形に冷房用電源の供給を行なう役目の車両として活躍しました。

キハ28形 A-1

キハ28形0番台 非冷房車 (1~203)

 キハ28形は1961年から帝国車輌・新潟鉄工所・富士重工・東急車輛で製造され、床下にDMF17H機関を1基搭載しました。1968年頃から冷房改造が始まり、東北地方では非冷房車のまま廃車になった車両も存在しました。

A-type暖地/寒地前面ジャンパホース有内バメ式尾灯
B-type暖地/寒地前面ジャンパ閉
(ホース無)
内バメ式尾灯

※ 寒地タイプはシャッター式タイフォン・スノープラウ・ディフロスターが標準取付済です。

キハ28形 A-1c

キハ28形2000番台 冷房改造車 (2001-2203)

 キハ28形0番台の非冷房車を1969年から冷房改造されたタイプです。床下には冷房用4VK機関を搭載し、車両元番号に+2000番台として区別していました。

A-type暖地/寒地前面ジャンパホース有内バメ式尾灯
B-type暖地/寒地前面ジャンパ閉
(ホース無)
内バメ式尾灯

※ 寒地タイプはシャッター式タイフォン・スノープラウ・ディフロスターが標準取付済です。

キハ28形 B-1

キハ28形2300番台 冷房改造車 (2301-2342)

 キハ58形400番台とともに活躍した、長編成対応のキハ28形300番台を冷房改造時に冷房用機関4VKを搭載し、元車番に+2000番台へ変更されました。客扉下部に丸窓を設けられ乗務員窓の水切りが短い2301-2342までのタイプを製作しました。

A-type暖地/寒地前面ジャンパホース有内バメ式尾灯
B-type暖地/寒地前面ジャンパ閉
(ホース無)
内バメ式尾灯

※ 寒地タイプはスノープラウ・ディフロスターが標準取付済です。
※ タイフォンは暖地タイプ/寒地タイプ共にシャッター式になります。

ご予約の際は形式・型番・A/Bタイプ・暖地/寒冷地・数量を知らせください。
【例】「キハ28形・B-1・Bタイプ・暖地・数量1」

キロ28形グリーン車
完成品製作アイテム

 キハ58形の急行編成の中に優等列車の象徴であるグリーン車が1両組み込まれていました。実際のグリーン車は改造等が多く車両選定がかなり難航しましたが、お好みのグリーン車を組み込んでいただく仕様で各タイプを製作いたしました。

 今回は基本的な部分である1~138の屋根のカーブがキハ58形・キハ28形の平窓の屋根と同じタイプと、エンジン機関の冷却水給水口が前位寄り(DMF17Hエンジン取付寄)にある1~154までの車両のタイプを選びました。床下冷房機関もD4Q-11Pと4VKを作り分けた車両を製作いたしました。

キロ28形 A-1

キロ28形0番台 冷房改造車 (1-85)

 気動車急行の1等車として1961年に登場し、車体の基本構成はキハ27に準じています。今回はキロ28形(1-85)の冷房改造車を製作、屋根にはAU-13角タイプと床下には4DQ-11P機関を搭載し、自車のみ冷房電源を供給する車両です。

※ クーラーはAU-13角タイプになります。

キロ28形 B-1

キロ28形2000番台 冷房改造車

 キロ28形0番台を冷房改造された車両です。この車両は床下に4DQ-11P冷房用機関を搭載していましたが、長編成化に伴い自車を含めて3両まで冷房電源供給が出来る4VK機関に換装され、元番号に+2000番台を追加し、冷房機関の変更により車体窓にある吸気口が1位-3位側に移されています。

※ クーラーはAU-13角タイプになります。

キロ28形 D-1

キロ28形2100番台 冷房改造車

 キロ28形2100番台は屋根に蛍光灯通風口、車体の客扉付近の4箇所には強制通風装置の吸気口(キロ28-104以降の車両)の表現と窓サッシをユニット窓に交換された車両です。晩年は急行「きのくに」にも組み込まれて活躍しました。冷房用電源装置は4VKに換装されて元番号に+2000番台に改番されました。

※ クーラーはAU-13Aになります。

キロ58形 E-1

キロ58形 冷房改造車

 中央東線は長編成列車と勾配線区が多い関係から2エンジン搭載の1等車として1963年に帝国車輌で8両製造されました。中央東線では「急行アルプス」用に使用され、1968年には長野工場で冷房改造されました。是非「急行アルプス」編成をお楽しみください。

※ クーラーはAU-13角タイプになります。

ご予約の際は形式・型番・数量を知らせください。
【例】「キロ28形・D-1・数量1」

■ 冷房用電源機関4DQ-11P
■ 冷房用電源機関4VK
■ 冷房用電源機関4VK

キハ58形・キハ28形パノラミックウインドウ、キハ65形は2025年夏頃予定のキハ58形シリーズ第二弾で企画中です。

製品の仕様

  • 搭載する動力はシチズンマイクロ製モーターとカツミ製ACEギヤを使用いたします。今回から車輪は黒メッキ仕様(カツミ製)を使用いたします。キハ58形2エンジン車は両台車動力仕様・キハ28形は1エンジン車になりますので、前位側(運転台側)の片台車にギヤを搭載いたします。また、キロ28形/キロ58形はトレーラー車になります。
  • 照明はU-TRAINS製室内灯システムを搭載いたします。走行時の前照灯・室内灯のチラツキを低減する当社製キャパシター回路基板を搭載しています。
  • 車両表記関連はの基本部分は取付済みになりますが、車両番号・検査工場表記・製造銘板はお客様のお好みの番号を付属のインレタから取付してください。

※ ご注意
当社製品を運転の際は、パルス幅変調方式(PWM制御)タイプまたはDCC仕様のパワーパックを使用されますと、ヘッドライト・テールライト等の同時点灯及びモーターから異音が出る場合があり、LED照明基板・モーター等の故障の原因になりますのでご注意ください。

冷房改造車の基本的な組み合わせ例

製品発売予定時期

2024年9月予定


※ 仕様は予告なく変更させていただく場合がございますのでご了承ください。

お気軽にお問い合わせください。03-6712-6397受付時間 14:00~18:00[火・水・木を除く]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。