南海電気鉄道株式会社 商品化許諾申請中

 南海電鉄高野線で活躍した21000系ズームカーは1958年から1964年に帝国車両大阪で製作されました。今回は1973年から1500Vに昇圧、冷房改造された1次車のクロスシート車で登場した前期型(21001編成と21003編成)を当社の最新仕様に改良して製作いたします。
 以前よりご要望が多かった、晩年に南海和歌山港線で21003編成が2両編成で活躍したタイプと、現在も大井川鐡道で活躍している21001編成と21003編成を現行仕様で製作致します。
 今回の21000系は以前の製品を当社基準の最新仕様に改良し、今まで再現できなかった床の梁・屋根のディテール表現の見直し・室内のシート位置などを数箇所改良して南海21000系ズームカーの魅力を再現いたします。また、この製品は今回で最終生産にさせていただきます。当社スタッフ全員で21000系最終章に恥じない製品を製作いたします。

完成品

南海21000系 高野線 4連

南海高野線 21001編成 4連完成品

税込価格 484,000円(税込)
(本体価格 440,000円)

南海21000系 和歌山港線 2連

南海和歌山港線 21003編成 2連完成品
※客扉(Hゴム無)・南海社紋は新社紋になります

税込価格 300,300円(税込)
(本体価格 273,000円)

今回の南海21000系シリーズでは、急行灯の切り替えにより各停運用の再現が可能になりました。

床下機器も梁の表現をはじめ細部を見直しました。


大井川鐡道21000系

大井川鐡道 現行仕様21001編成 2連完成品

税込価格 297,000円(税込)
(本体価格 270,000円)

大井川鐡道 現行仕様21003編成 2連完成品
※客扉(Hゴム無)・FS-17A台車に交換された現行仕様

税込価格 297,000円(税込)
(本体価格 270,000円)

21003はFS-17A台車に交換され、客扉のHゴムが無くなります。

今回の大井川鐡道21000系は1基パンタ仕様で製作いたしました。2基パンタに変更される場合は、別売用「PS-35パンタグラフ」をお買い求めください。

製品の仕様

  • 動力装置 カツミ製ACEギアシステム・キャノンEN22モーター搭載
  • 照明装置 U-TRAINS製LEDシステム(照明関連のチラツキを防止するキャパシタを搭載)
  • 車体表記 車両番号・製造銘板・検査プレートと前面ワイパーは取付けて出荷いたします
  • 付属品  先頭車前面看板は「急行」・「臨時高野号」看板と真鍮製ベースを付属します

製品の仕様・発売時期は予告なく変更する場合がございますのでご了承ください。

お気軽にお問い合わせください。03-6712-6397受付時間 14:00~18:00[火・水・木を除く]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。